PR

 12月21日~12月25日の週に毎日更新した特集は,以下の6本でした。

極言暴論対談! 日本企業のITはなぜダメなのか

着実に実力を蓄える中国の宇宙開発  東急ハンズの長谷川秀樹氏と、「極言暴論!」でおなじみの木村岳史による対談。長谷川氏はITベンダーとユーザーの両側の手の内を知り尽くす。木村との議論は大いに盛り上がった。

>> 目次

FinTechの本命、ブロックチェーン技術の魅力に迫る

着実に実力を蓄える中国の宇宙開発  仮想通貨「ビットコイン」を支える基幹技術として生まれたブロックチェーン技術が、なぜIT技術者を、投資家を、金融機関を、惹きつけるのか。技術開発の現場への取材からレポートする。

>> 目次

東京ドーム53個分の巨大屋外無線LANをどう作ったか?

スマートフォンやIoTはどうなる?2016年のARMプロセッサ  2015年7月28日から8月8日の12日間、山口市で「第23回世界スカウトジャンボリー」が開かれた。その会場に世界最大クラスの屋外無線LANを敷設。その構築・運用について解説する。

>> 目次

スマートフォンやIoTはどうなる?2016年のARMプロセッサ

スマートフォンやIoTはどうなる?2016年のARMプロセッサ  英ARMは、2015年11月10日、米国で開発者向けのイベント「TechCon 2015」を開催した。ARMの製品発表などを基に2016年以降のスマートフォンやタブレット、あるいはIoTの動向などを解説する。

>> 目次

着実に実力を蓄える中国の宇宙開発

着実に実力を蓄える中国の宇宙開発  13億5000万超の人口を抱え、経済面でも軍事面でも影響力を増大しつつある中国。実は、宇宙開発の分野においても長足の進歩を遂げ、実力を蓄えつつある。注目すべきポイントを、4回に分けて解説していこう。

>> 目次

ケーススタディに学ぶIT活用最前線

着実に実力を蓄える中国の宇宙開発  クラウドやモバイル、ビッグデータ分析やモダナイゼーションなど、ユーザー企業は日々にIT活用に取り組んでいる。ITを駆使する最前線はヒントが満載だ。リアルなケーススタディにノウハウを学ぼう。

>> 目次