PR
 企業を襲うサイバー攻撃。その手口は巧妙になる一方である。経営陣に認められた“組織体”が必要だ。それが「CSIRT」である。被害を最小化するための切り札になるのは、製品でも有能なセキュリティ担当者でもない。守りを託された組織なのだ。