PR

 富士通とオラクルが、国内のクラウド事業で手を組んだ。2016年7月6日、米オラクルの「Oracle Cloud」のPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)やSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を、2016年度第4四半期から富士通の国内データセンター(DC)で提供開始すると発表。富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5(K5)」とDC内で接続するサービスも提供する()。

図 オラクルと富士通の提携内容
Oracle Cloudを富士通の国内データセンターから提供
図 オラクルと富士通の提携内容
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通の山本正已代表取締役会長は「互いの製品を売買するのでなく、DCの中で一緒にサービスを作って提供する。クラウド時代の新しい提携の形」と話す。発表会には、米オラクルのラリー・エリソン経営執行役会長兼CTO(最高技術責任者)もビデオ会議で登場する力の入れようだ。

 「Oracle Database」を活用する企業システムのクラウド移行需要を取り込みたい富士通と、国内DCのサービス拠点を探していたオラクルの思惑が一致した。富士通は米マイクロソフトの「Microsoft Azure」の販売も手掛けるが、Oracle Cloudは自社DC内でK5との多様な連携を可能にする。同社は、2017年度からの3年間で500億円の売り上げを目指す。

 今回提供するPaaSは、Oracle Databaseの機能をクラウド上で利用できる「Oracle Database CloudService」。これまで海外DCから提供されていたが、富士通DCの活用で、データを国内で管理したい企業のニーズに応える。単体サービスとして提供するほか、K5のオプションとしてもメニュー化。Oracle Cloudの運用は日本オラクルが担い、富士通が販売する。

 人材管理向けのSaaS「Oracle Human Capital Management(HCM)Cloud」も、富士通のDCから提供する。

基幹系システムに照準

 富士通は国内企業へのOracle Databaseの導入実績を生かしつつ、K5のIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)やPaaSを連携。システム構築から運用まで一貫したサービスを提供する。Oracle Database Cloud Serviceの最上位エディションである「EE ExtremePer formance」を国内で唯一提供する点も強みだ。

 日本オラクル 取締役 代表執行役社長 兼 CEO(最高経営責任者)の杉原博茂氏は「国内企業の多くがサーバーを稼働させる富士通のDCと接続することで、安心して利用してもらえる」と協業の利点を強調する。基幹系システムに照準を合わせ、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)など先行サービスを追撃する。