PR

 人工知能(AI)が人間の代わりに「明日の天気は」とラジオ放送で読み上げる―。コニュミティー放送局のエフエム和歌山は2017年7月からこんな取り組みを始めた。「ナナコ」と名付けたAIアナウンサーが自動音声でニュースと天気予報を伝える。同局によれば国内初の取り組みという。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料