PR

 不動産の売買や仲介などをネット上で完結させる新種のサービスが相次ぎ登場している。マンション物件の売り主や賃貸物件の借り主は、店舗に足を運ぶことなくスマホを使って手軽に使えるのが特徴だ。

 担い手は「ネット不動産」を名乗るベンチャー。不動産業界の慣行は非効率で不透明だとしてITの力を借り大胆に改革しようと試みる。

 金融業界では「フィンテック」、広告業界では「アドテック」と呼ぶ革命の嵐が吹き荒れるが、今度は「不動産テック」が注目を集めそうだ。

 「顧客と事業者の情報格差を利用して成り立っているのが、これまでの不動産業界のビジネスモデル。ネットとITで顧客が情報を手にできるようにしたい」。こう語るのはネット不動産ベンチャー、マンションマーケットの吉田紘祐社長だ。同社はマンション売却に特化したネットサービスを、2015年8月17日に始めた。約11万件の物件情報を掲載している()。

図 マンション売却のマンションマーケット(左)と賃貸住宅仲介のイタンジ(右)
ネットの力で情報格差を是正、低コスト化にこだわり
図 マンション売却のマンションマーケット(左)と賃貸住宅仲介のイタンジ(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 イタンジも8月1日から、賃貸住宅を探せる「お部屋探しサービスNomad.(ノマド)」の提供を開始。現在の対象地域は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県。既に8万5000人の登録会員を持ち、毎月150~200件が成約しているという。

 両社はこれまでの不動産会社のように店舗を構えて顧客と対面する形を取らない。物件の取引や賃貸といった作業を全てネット上で実施できる点にこだわった。ネット専業の不動産会社というわけだ。

 マンションマーケットの利用者はマンション物件の売り主。相場情報の確認から物件の査定、売却まで全てネット上で実施できる。ノマドも賃貸住宅の検索や物件見学の予約はもちろん、契約時の審査といった手続きのために借り手が店舗を訪れる必要はない。借り手が同社の担当者と会うのは、物件を見学する際に現地で待ち合わせたときぐらいだ。

無店舗だから低額・定額実現

 特徴は店舗の家賃や人件費といったコストを徹底的に抑えて、料金を割安に設定した点にある。

 マンションマーケットの場合、売却にかかる仲介手数料は一律49万8000円。取引の仲介手数料は法律で定められた「物件価格の3%+6万円(税別)」が上限。その範囲なら値付けは自由だが、従来は「上限金額が事実上の定価となっていた」(吉田社長)。定額制を採用したマンションマーケットの方が手数料が安くなるケースが多いという。

 イタンジのうたい文句は仲介手数料を無料にして、必要な期間だけ月額契約すればよいこと。料金は月額800円(税別)で、物件を見学すると1回当たり600円かかる。不動産賃貸仲介では、物件の家賃の1カ月分を仲介手数料として支払うケースが多い。ノマドの利用者の平均利用期間は2.8カ月。目的の物件を探すまでに2000円前後の出費がかかっているという。