PR

 スマホアプリの迅速開発を支援するソフトとして、モバイル向けデータベース(DB)製品が充実してきた。

 日本オラクルが2014年8月、DB技術を活用したスマホアプリ開発支援ソフト「Oracle Mobile Suite」を投入。さらに、NoSQL型と呼ばれるデータベースを手掛ける米カウチベース(Couchbase)がモバイル向けのNoSQL型DB「Couchbase Mobile」を国内で強化するなど、動きが活発になっている。

 いずれの製品もスマホアプリの内部に小型のDBを組み込んだもの。一般に業務で用いるマスターのデータは社内システムのサーバー上にあるが、モバイル向けDBは、このマスターのデータをスマホ上に一時的に蓄積(キャッシュ)したり、変更のあったデータをサーバー上にアップロードして同期させたりする役割を担う。

 マスターDBのデータをキャッシュできることから、電波の届かないオフラインの場所でも業務データを参照、更新しやすくなる。マスターDBとの同期は、ゲートウエイが自動的に行う。

 オラクルが投入したOracle Mobile Suiteは、MEAP(モバイル・エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム)と呼ばれるタイプのソフト。モバイルアプリ開発に最適化された製品である。

 オラクルは、Oracle Mobile Suiteの開発フレームワークの内部にモバイル向けDBを採用。具体的には、オープンソースソフト(OSS)の組み込み向け小型リレーショナルデータベース(RDB)の「SQLite」を用いた。Oracle Mobile Suiteは、業務アプリの開発ツールや開発フレームワーク、業種ごとに用意したひな型アプリ、社内システムと連携するためのゲートウエイなどで構成されている。

ドキュメント指向DBがモバイルに

 サーバー向けにOSSのNoSQL型DB「Couchbase Server」を手掛けてきたカウチベースは2014年5月、モバイル向けのCouchbase Mobileを投入した。同年4月に日本法人を設立し、オンラインゲームやエンタープライズなどの用途に向けて営業を強化中だ。

 同社はCouchbase Mobileで開発したアプリのオフライン対応や、サーバー側との同期が取りやすい点を売りにする。Couchbase Mobileは、三つのコンポーネントから成る。スマホアプリに組み込むソフト「Couchbase Lite」、サーバー側のNoSQL型DBである「Couchbase Server」、スマホとサーバーとの仲介をするゲートウエイ「Sync Gateway」である。

 非定型データの扱いに強いドキュメント指向DBであるCouchbaseは、「JSON(JavaScript Object Notation)」という形式でDBにアクセスする。JSONはテキスト形式でデータを記述し、プログラムでも容易に処理できる点が特徴である。

 JSONは、Webアプリケーションなどで使われる開発言語のJavaScriptで生まれ、スマホアプリでもサーバー側とのやり取りに広く使われている。Couchbase Mobileを用いることで、サーバー側から取得したJSON形式のデータを、スマホアプリの内部にそのまま蓄積し、オフライン時でもアプリを使えるようになる()。スマホがオンラインになった際は、Couchbase Mobileがサーバー側とデータを同期する。

図 Couchbase Mobileの構成
プログラムでも容易に処理できるJSON形式でアクセス
図 Couchbase Mobileの構成
[画像のクリックで拡大表示]