PR

 IoT(Internet of Things)向けの格安通信サービスが登場した。ベンチャー企業のソラコムが、機器に取り付けるSIMとデータ通信処理から成るサービスを開発。IoTのデータ処理をクラウド上で実施することにより、低価格で多様な通信サービスを実現した。通信料は使った分だけ。従来の携帯電話回線に比べ、8割ほど安くなる。暗号化などIoT機器側で実施していた処理をクラウドで肩代わりして、柔軟に機能を拡張することも可能。IoT導入のハードルが大きく下がりそうだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する