PR

 2015年2月19日、埼玉県富士見市の住民記録/国民健康保険システムで障害が発生、住民票発行や転入/転出などの手続きが不能になった。直接の原因は、データベース(DB)の障害。ディスク容量を上回るデータをDBに書き込もうとしたためだ。引き金となったのは税務システムでのデータ変更だった。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い