京都市が2014年から81億円を投じている基幹系システムの刷新プロジェクトが暗礁に乗り上げている。バッチ処理が移行できず、予定の2017年1月4日に稼働できなかった。開発委託先との関係はもつれ、6月に第三者組織の調査報告書が出た後も開発はストップしたままだ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事