PR

 できあがったAI(人工知能)は誰のものか。AI導入プロジェクトの終盤に所有権の問題が持ち上がる例もあるようです。「自分たちのデータを使って学習したのだからすべての成果は自分たちのものだ」と主張する利用企業。AI構築を支援した企業は「使った学習手法やニューラルネットワーク構造などの知見は譲渡できない」とやり返す。所有権をめぐって決裂したら、せっかく動き始めたAIをお蔵入りさせることになりかねません。利用企業と構築企業で成果物の取り扱いについてあらかじめ合意しておく方がよさそうです。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)