PR

 パッケージ活用、自社開発、旧資産の活用など基幹系刷新の手法は様々。だが、不要な業務やソフトを削ってシステムをスリムにするという目的は共通する。先行して挑んだ7社の「ダイエット術」を探ると、成功に向けた勘所が見えてきた経営層と利用部門を巻き込み、廃棄に強い意志を持って臨むことが肝要だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料