PR

 ウルシステムズは2014年7月15日、同社のクラウド型データウエアハウス(DWH)「White-eYe」を電通が採用したと発表した。White-eYeを導入したのは、電通が、ある大手メーカー向けに提供しているCRMサービス。大手メーカーは顧客の行動履歴などを分析してアクションにつなげているが、そのPDCAサイクルを高速に回せるようになった。

 このCRMサービスでは、大手メーカーのフロントWebシステムやキャンペーン・アンケート管理システム、Webサイト分析システムなどからデータを集めて分析し、次のプロモーションの最適化などを図る。従来、各システムから手作業でデータを集めていたので、1カ月に1度程度しか分析処理が行えなかった。White-eYeを導入し、データ収集を自動にしたことで、「月次分析に加えて、日々統計情報をチェックすることも可能になった」(ウルシステムズ マネージングコンサルタントの小松要氏)。同時に、分析にかかるコストも削減できたという。

 White-eYeは、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のDWH「Amazon Redshift」にデータを集めて分析する(関連記事)。自動収集を含めたデータ連携には「Talend」を用いる。データ分析は、BIツール「Tableau」で行う。「Redshiftはクセがあるものの、DWHサービスとしてコストパフオーマンスに優れる。バックアップやチューニングなど、White-eYe独自の運用管理機能を加えることで、ユーザーの使い勝手を高めている」(ウルシステムズ プロフェッショナルサービス第3本部 クラウドサービス部長の吉田悦万氏)。

 今回の導入に当たり、ウルシステムズはCRMサービスで利用しているデータの内容や構造、分析内容などを調査。データ精査といったコンサルティングを行った上で、約1カ月でWhite-eYeを導入した。