PR

 米マイクロソフト(MS)は2014年7月14日(米国時間)、米国・ワシントンD.C.で開催したパートナー企業向けのカンファレンス「Worldwide Partner Conference 2014(WPC2014)」で基調講演を実施した。

 初日の基調講演ではMS最高執行責任者(COO)のケビン・ターナー氏(写真1)が登壇。2014年7月1日に始まった新会計年度の経営方針について説明した(関連記事:「保管データはいかなる国や政府にも一切アクセスさせない」、米MSのCOOがWPC 2014で宣言)。

写真1●米MS最高執行責任者(COO)のケビン・ターナー氏
写真1●米MS最高執行責任者(COO)のケビン・ターナー氏
[画像のクリックで拡大表示]

第5の注力分野はセキュリティ

 ターナー氏は新会計年度に当たる2015年度の位置付けについて、以下のように述べた。「既にモバイルファースト、クラウドファーストを進める旅の初期段階は過ぎた。今年は変革を遂げつつある段階から、いかに反映していくかという段階に移っていく」(ターナー氏、以下同)。

 続いて2014年度に実施した変革について「難しい決定をやってきた」とし、主な施策を振り返った。例えば液晶サイズが9インチより小さい端末に対し、メーカー向けにWindowsを無償で提供する方針を決めたことや、「Office for iPad」の発表に象徴されるように、他社のOSを搭載するデバイスにもOfficeを解放するクロスプラットフォーム戦略を打ち出したことなどを挙げた(写真2)。

写真2●2014年度に実施した変革の例
写真2●2014年度に実施した変革の例
[画像のクリックで拡大表示]