PR

 富士通マーケティング(FJM)、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)、FJMの子会社であるコンテンツ・プランナーの3社は2014年7月17日、中堅中小企業向けにオープンソース(OSS)を導入するSIサービス「OSS導入支援サービス」を共同で開始した。コンサルティングから運用まで、3社それぞれが得意とするSIフェーズを組み合わせた(写真)。3社全てが販売窓口となる。販売目標は今後3年間で150件。価格は個別対応。

写真●OSS導入支援サービスの概要(出典:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
写真●OSS導入支援サービスの概要(出典:富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ)
[画像のクリックで拡大表示]

 OSS導入支援サービスは、OSSの導入コンサルティングから運用までをトータルで提供するSIサービスである。Webアプリケーションサーバーやデータベースなど全6分野にわたって、全9種類のサービスメニューを用意した()。体系化/メニュー化によって、SIサービスを受けやすくしている。さらに、サービスメニューにないSI案件も個別対応で受注するとしている。

表●OSS導入支援サービスのメニュー
分野サービス名内容
WebAPWebAPサーバ構築サービスApacheとTomcatによるWebアプリケーションサーバーの構築
DBPostgreSQL構築サービスPostgreSQLの設計・構築
MySQL構築サービスMySQLの設計・構築
クラスタ構築サービスRed Hat ClusterによるDBサーバーの環境構築
認証OSSを用いた認証基盤構築サービスOpenAM(シングルサインオン)とOpenLDAP(ID統合管理)による認証基盤構築
OSSを用いたActive Directoryドメイン環境構築サービスSambaによるActive Directory ドメイン環境構築
監視OSSを用いたシステム運用監視構築サービス Zabbixによる、稼働監視、アプリケーション監視、リソース監視
バックアップOSSを用いたバックアップ基盤構築サービスBaculaによるバックアップ基盤構築
インフォメーション社内SNS基盤構築サービスMovable Type Enterpriseによるブログサーバー構築

 今回のSIサービスは、FJM、富士通SSL、コンテンツ・プランナーの3社全てが販売窓口となる。さらに、サービスの受注後も3社が共同でサービスを提供する。上流から下流まで3社それぞれが得意とするSI工程を組み合わせており、ユーザーは3社の違いを意識する必要なくサービスを受けられる。コンサルティングと導入・設計は3社全てが担当し、開発・システム構築と運用サポートは富士通SSLとコンテンツ・プランナーの2社が担当する。