PR

 ドワンゴおよびニワンゴは2014年7月17日、両社が運営する動画サービス「niconico」のユーザーイベント「ニコニコ町会議 全国ツアー2014」第1回目となる長野県須坂市でのイベント開催にあたり、地元ケーブルテレビと連携すると発表した。具体的には、須高ケーブルテレビが長野県須坂市より事業委託を受け運営するAR(拡張現実)機能を実装したスマートフォン向け観光アプリケーション「須坂まちウォーク」に7月19日より「ニコニコ町会議フォトフレーム」を追加する。

 「須坂まちウォーク」は、長野県須坂市の観光スポットやお店に関して、写真や映像、テキスト、住所、ルート情報までスポットに関する詳細な情報を取得できるスマートフォン向け観光アプリである。アプリ内で配信される須高ケーブルテレビの各種コンテンツを通じて、季節に関係なく須坂各所の映像で視聴することもできる。

 同アプリはAR(拡張現実)機能も実装しており、目的地に到着した時だけ起動するカメラ機能「ココカメラ」を使って、目的地に設定された限定のフォトフレームで思い出写真を撮影することができる。そこで今回、同アプリの「ココカメラ」機能とニコニコ町会議が連携し、「ニコニコ町会議フォトフレーム」を追加した。

 ニコニコ町会議の会場となる須坂市を訪れてアプリを起動すると、ニコニコ町会議のキャラクターなどがコラボしたフォトフレームを使って、写真撮影できる。ニコニコ町会議の当日だけでなく後日に須坂市を訪れた際にも記念撮影ができ、「ニコニコ町会議がきっかけとなって須坂市の町の魅力に触れる人が増えればと考えている」という。

[発表資料へ]