PR
写真●バッファローの「ツメの折れないLANコネクター ETPCRJ45ETシリーズ」 UTPケーブルの種類は「カテゴリー5e」に対応する。
写真●バッファローの「ツメの折れないLANコネクター ETPCRJ45ETシリーズ」 UTPケーブルの種類は「カテゴリー5e」に対応する。
[画像のクリックで拡大表示]

 バッファローは2014年8月上旬から、“絶対に折れないツメ”の採用をうたう高いツメ折り曲げ耐久性を備えたLANコネクター「ツメの折れないLANコネクター ETPCRJ45ETシリーズ」(写真)の販売を開始する。全国の家電量販店や同社直営サイト「バッファローダイレクト」経由で販売する。

 同社では既に同コネクターを採用した完成品のLANケーブルを販売しているが(関連記事:バッファロー、“180度曲げても折れないツメ”を採用したLANケーブルを発売)、ケーブルを自作したいユーザー向けに今回、コネクター単体でも販売することにした。

 LANコネクターのツメ部分は、独自検証で500回の屈曲試験に合格していることを確認済みだという。通常の使用において500回も折り曲げることはありえないため、実際に折れることはまずなさそうだ。

 ツメ部分には白色ナイロン素材、ボディー部分には透明ポリカーボネート素材を採用。ボディー部分が透明なため、外側から内部の結線を確認しやすく、結線ミスを未然に防ぎやすいという。また、「ナイロン素材のツメは柔軟性があり、軽い力でLANポートから脱着できる」(バッファロー)としている。

 製品ラインアップとして、コネクター10個入りの「ETPCRJ45ET10」と同100個入りの「ETPCRJ45ET100」の2種類のパッケージを用意する。価格はETPCRJ45ET10が1750円、ETPCRJ45ET100が1万5800円(どちらも税別)。