PR

 米Googleは現地時間2014年8月6日、TLSプロトコルを採用したセキュアな接続HTTPSに対応しているWebサイトを検索ランキングで優遇する方針を発表した。すべてのWebサイト運営者にHTTPからHTTPS接続に移行するよう強く勧めるとしている。

 同社は過去数カ月にわたって、検索結果のランキングを決めるアルゴリズムで、暗号化接続に対応しているかどうかを“シグナル”(判断要素)として取り入れるテストを実施した。「結果が好ましいものだった」ため、HTTPS対応をランキングのシグナルに使うことを決定したという。

 現在のところ、シグナルの重要度としてはたいへん軽く、「グローバルクエリーの1%未満の影響にとどまり、コンテンツの質といった他のシグナルほど重くはない」としている。

 同社は今後数週間のうちに、Webサイト運営者がTLSを簡単に導入し、よくあるミスを犯さないようにするための詳細なベストプラクティスを公開する。基本的な注意点として、必要な証明書の種類(シングル、マルチドメイン、ワイルドカード)を決めること、2048ビットキーの証明書を使用することなどを挙げている。

[発表資料へ]