PR

 米Microsoftは現地時間2014年8月18日、企業の法務部門や法律事務所でのOffice 365活用を支援するドキュメント管理ツール「Matter Center for Office 365」のプレビュー版を発表した。法律の専門家に特有の書類管理や協業の課題に対応するとしている。

 Matter Center for Office 365により、法律の専門家はセキュリティを確保しながら、どこからでも必要な情報に手軽にアクセスできる。

 Microsoftの企業向けストレージサービス「OneDrive for Business」と連携し、最大1Tバイトのファイルを保存可能。クラウド上で自動同期するため、さまざまな端末からオンラインアクセスでき、オフラインモードにも対応する。

 組織内外の他のユーザーとファイルを共有し、同時に編集することができる。変更履歴も追跡可能。「Outlook」や「Word」を使用中に、これらアプリケーションを離れることなく、関連事項や関連書類を直接検索できる。

 Outlookから電子メールや添付ファイルをドラッグ&ドロップして関連事項に追加できる。追加されたコンテンツには、事項ごとに適切なメタデータ、パーミッション、バージョン管理が自動で適用される。

 Matter Center for Office 365は、クラウド、オンプレミス、あるいはハイブリッド環境で導入可能。プレビュー版を入手するには、ベータプログラムに登録した上で申し込む必要がある。

[発表資料へ]