PR
NFC対応機能「PIXUSタッチ」搭載のPIXUS MG7530
NFC対応機能「PIXUSタッチ」搭載のPIXUS MG7530
[画像のクリックで拡大表示]
CanoScan LiDE 220
CanoScan LiDE 220
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは2014年8月28日、家庭用インクジェットプリンター「PIXUS」シリーズから、NFC対応スマートフォンやタブレットをかざすだけでプリントできる複合機「PIXUS MG7530」などの新機種を9月4日に発売すると発表した。女性向けコンテンツを充実させた限定モデルも用意する。合わせて、ビジネス向けインクジェットプリンターの新ブランド「MAXIFY」シリーズなども発表した。価格はオープン。

 PIXUS MG7530は、NFC対応機能「PIXUSタッチ」を搭載。本体にかざすだけで、スマートフォン内に保存された写真や文書を印刷できるほか、本体でスキャンしたコンテンツをスマートフォンに保存できる。印刷解像度は9600×2400dpi。染料インク5色(ブラック・シアン・マゼンタ・イエロー・グレー)と、顔料インク1色(ブラック)の6色ハイブリッドインクを採用。独立インクタンク方式で、印刷コストを削減できる大容量インクタンクに対応する。

 スキャナーの光学解像度は2400×4800dpi。タッチパネル対応3.5型液晶モニターで直感的に操作可能。インタフェースはIEEE802.11/b/g/n無線LAN、イーサネット、USB。本体色は「ブラック」「ホワイト」「オレンジ」「ブラウン」。本体寸法は幅435×奥行き370×高さ148mm、重さは約7.9kg。同社直販「キヤノンオンラインショップ」価格(税別)は2万8800円。

 限定モデル「MG7530F」(愛称:PIXUS Atelier)は、スマートフォンアプリ「PIXUS Atelier PRINT」を無料ダウンロードして、ホームパーティーや身近な人にお礼をしたい時など日常的なシーンで使えるコンテンツをプリントできる。本体色は「エクリュベージュ」で、液晶メニューも花柄の優しい色とデザインを採用した。3万台の限定販売で同2万9800円。