PR
図●OS別のWebサイト訪問
図●OS別のWebサイト訪問
[画像のクリックで拡大表示]

 米Adobe Systemsは現地時間2014年9月8日、モバイル市場のトレンドに関する調査結果「2014 Mobile Benchmark Report」(PDF文書)を発表した。それによると、米Appleはモバイルブラウザーのシェア縮小を食い止めるには、次世代「iPhone」(通称「iPhone 6」)でより大型のディスプレイを搭載する必要があるという。

 モバイルブラウザー別のトラフィックを見ると、Appleの「Safari」ブラウザーは59.1%と最大シェアを占めているが、昨年末時点と比べ2.6%減少した。一方、米Googleの「Chrome」ブラウザーのシェアは34.6%で同5.7%増加している。

 iPhoneの現行モデルはスクリーンサイズが4インチだが、Adobeによればスマートフォンユーザーは5インチ以上のスクリーンでのWebブラウジングを好むという。スクリーンサイズ別のWebブラウジングのシェアは、4インチを超えるサイズでは前年と比べ大幅に増加したが、4インチ以下では同11%減少した。

 OS別のWebサイト訪問を見ると、iOSがスマートフォンによるアクセスの54%を、タブレット端末によるアクセスの80%を占めており、依然としてiPhoneと「iPad」がモバイルによるWebアクセスをけん引している()。

 同調査は、1万以上の米国Webサイトおよびアプリケーションを対象に、モバイル端末からの180億回の訪問と7億セッションを分析した。

[発表資料へ]