PR

 ドイツT-Mobileは、ベルリンで行われている「IFA2014」で、非接触IC技術であるNFC(Near Field Communication)を使った決済システム「MyWallet」を出展している(写真1)。日本国内の「おサイフケータイ」に相当するサービスだ(MyWalletのホームページ)。

写真1●ドイツT-Mobileによる「MyWallet」のデモ
写真1●ドイツT-Mobileによる「MyWallet」のデモ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●NFC対応のリーダー
写真2●NFC対応のリーダー
[画像のクリックで拡大表示]

 展示会場では、NFC対応のスマートフォンとリーダーを使ったデモを実演している。スマートフォン側には、NFCのセキュアエレメントを用意したSIMカードと専用のアプリケーションを搭載する必要がある。

 NFC対応リーダーは、既存の接触型IC搭載クレジットカード向けリーダーと外観が同じで(写真2)、プラスチックカードの代わりにスマートフォンが本人認証手段になる。スマートフォン上の画面に従って金額などを確認していき、リーダーにかざした後で画面承認することで決済が完了する(写真3、4)。

写真3●リーダーの画面部分にスマートフォンを「かざす」ことで決済を進める
写真3●リーダーの画面部分にスマートフォンを「かざす」ことで決済を進める
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●スマートフォンで金額を確認して決済が完了
写真4●スマートフォンで金額を確認して決済が完了
[画像のクリックで拡大表示]