PR

 米Appleは現地時間2014年9月9日、スマートウォッチ「Apple Watch」を発表した。同社のスマートフォン「iPhone」と連携し、メッセージ、電話、メール、通知、電子決済、健康管理などさまざまな機能が利用できる。価格は349ドルからで、2015年初頭の発売を予定している(関連記事:Appleが噂どおりに「iPhone 6」2モデル発表、スマートウオッチ「Apple Watch」も)。

 端末は、本体ケースが(1)ステンレススチールの「Apple Watch」、(2)アルミニウムの「Apple Watch Sport」、(3)18Kゴールドの「Apple Watch Edition」の3製品を用意する。

写真●左から「Apple Watch Sport」「Apple Watch」「Apple Watch Edition」
写真●左から「Apple Watch Sport」「Apple Watch」「Apple Watch Edition」
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple Watch Editionにはローズゴールドとイエローゴールドの2色を用意するなど、それぞれの製品で2つのカラーをそろえているほか、ケースサイズも38mmと42mm(いずれも縦寸法)の2種類がある。これらに合わせて、各種素材を使ったバンドも用意している。また(1)と(3)では文字盤カバーにサファイアガラスを採用している。

 Apple Watchのユーザーインタフェースは、圧力を感知するタッチディスプレイ、本体右側面にあるダイヤル「Digital Crown」、その下にある機能呼び出しボタン、背面にあるリニアアクチュエータ「Taptic Engine」など。

 このうち、Digital CrownはAppleが、iPodの「クリックホイール」やiPhoneの「マルチタッチ」以来の革新的なナビゲーションツールと説明しているインタフェース。これを回すことで画面をズームしたりスクロールしたりできる。Digital Crownはホームボタンと、音声アシスタント機能「Siri」の呼び出しボタンにもなっている。