PR
写真1●新番組のMCを務める「ナイツ」の2人
写真1●新番組のMCを務める「ナイツ」の2人
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●代表取締役社長の森内譲氏(左)ら
写真2●代表取締役社長の森内譲氏(左)ら
[画像のクリックで拡大表示]

 BS放送チャンネルの「TwellV」を運営するワールド・ハイビジョン・チャンネル(WHC)は2014年9月10日、2014年10月期改編説明会を開催した。

 今回の番組改編のポイントの一つとして、「局と番組の認知向上へさらに注力」を挙げた。TwellVの認知向上に向けて、本田圭佑選手が在籍するイタリアのサッカーチーム「ACミラン」の試合の中継番組である「ACミラン・チャンネル」(毎週火曜19:56~21:55)に加えて、毎週月曜日から金曜日に本田選手の情報などを取り上げるミニ番組を新たに放送する。本田選手にスポットを当てる帯番組の放送により、多くの人にTwellVに接触する機会を提供することを目指す。

 BS放送をよく見る層から自社運営チャンネル「TwellV」の新たな視聴者を開拓するための取り組みも進める。その一環として、2014年10月17日に新番組「孫のためのJBナイツ」の放送を開始する。「孫からかっこいいと思われるオシャレなジィジとバァバ(JB)になるための情報が満載の情報バラエティー番組」としている。番組MCはお笑いコンビの「ナイツ」が務める(写真1)。

 記者からの質問には、代表取締役社長の森内譲氏らが対応した(写真2)。今後の海外展開についての質問に対し、「三つの取り組みを進める」と回答した。具体的な施策として、「番組見本市での海外向け番組販売の強化」「メディアを活用した海外向けプロモーションサービスの推進」「放送中のハワイ情報番組をベースとしたライセンスビジネスの展開」を挙げた。

 2015年4月から導入される予定の機械式BSパワー調査については、「BSというメディアの力が明確になる好機と考えている」(編成・営業本部長の小林慎一郎氏)とした。社内に機械式パワー調査についての対策会議を設置し、現在議論を進めているという。新たな4Kコンテンツの制作予定については、「現在、社内で検討している」(森内氏)と述べた。