PR
水深10mの防水性能を備えたデジタルカメラ「RICOH WG-M1」
水深10mの防水性能を備えたデジタルカメラ「RICOH WG-M1」
[画像のクリックで拡大表示]

 リコーイメージングは2014年9月11日、水深10mの防水性能や高さ2mからの耐落下衝撃性能、マイナス10度の耐寒性能などを備えたデジタルカメラ「RICOH WG-M1」を10月中旬に発売すると発表した。価格はオープン、予想実売価格は3万円台後半(税別)。

 気密性の高いボディ構造で、付属の水中レンズプロテクターを装着すると水深10mで連続1時間の水中撮影が可能。水中ハウジングケースを不要としたことで、水中撮影で音声がこもらずクリアな音を録音できる。防水性能はIPX8相当、防塵性能はIP6X相当。

 有効1400万画素のCMOSイメージセンサーと35mmフィルム換算で16.8mmの広角レンズを搭載。画角は最大約160度のワイドのほかミディアム、ナロー、水中の4種類から選択できる。毎秒10コマの高速連写、フルHD(1920×1080ドット)30fpsの動画撮影が可能。

 記録媒体は、約100MBの内蔵メモリーとmicroSD/SDHCメモリーカード。記録形式は、静止画がJPEG、動画がMOV/H.264。専用リチウムイオンバッテリーで静止画約350枚(CIPA規格準拠)、動画約150分の撮影が可能。本体色は「ブラック」「オレンジ」。本体寸法は幅66.5×高さ42.5×厚さ89.5mm、重さは約190g(電池、メモリーカード、レンズプロテクター含む)。