PR

 カナダBlackBerryは現地時間2014年9月11日、仮想SIMプラットフォームの英Movirtuを買収したと発表した。企業のデバイス管理を向上するための付加価値サービスの提供を推進するとしている。買収額などの詳細については明らかにしていない。

 Movirtuの仮想SIMプラットフォームは、1台のスマートフォンで、仕事用と個人用の電話番号を利用できるようにする。通話、データ、メッセージ利用料の請求書は番号ごとに発行されるため、ユーザーは仕事用と個人用の端末あるいはSIMカードを持ち歩く必要がない。

 BlackBerryは、サーバーソフトウエア「BlackBerry Enterprise Service(BES)」にMovirtuの技術を統合し、個人的デバイス使用に影響を与えることなく、仕事用番号に企業のITポリシーを設定できるようにする。これにより企業は、BYOD(私的端末の業務利用)やCOPE(業務端末の私的利用)におけるデバイス管理を向上できる。

 BlackBerryはMovirtuの仮想SIM技術をキャリアに提供し、キャリアは複数番号対応のプランを顧客向けに展開する。BlackBerryデバイスのほか、米AppleのiPhone、米GoogleのAndroidを搭載したスマートフォンにも対応する。

 Movirtuは2008年に設立された新興会社。ロンドンに本拠を置き、従業員は22人という(カナダCBC Newsの情報)。

[発表資料へ]