PR
写真●カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の菅沼博道執行役員
写真●カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の菅沼博道執行役員
[画像のクリックで拡大表示]

 音楽、インターネット、スタートアップ(新興企業)をテーマにした業界横断イベント「ザ・ビッグ・パレード」が、2014年9月13日から15日まで東京・代官山で開催されている。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の菅沼博道執行役員が15日に、「ビッグデータを活用したCCCの音楽ビジネスの展望」と題する講演を行った(写真)。

 CCCの創業は1983年。映像や音楽のソフトをレンタルする「TSUTAYA」事業や、ポイントカード「Tカード」事業を手掛ける。CCCはTSUTAYAを全国で約1400店舗展開している(2014年3月末時点)。Tカードの会員数は6月末時点で4900万人で、「9月末に5000万人に到達すると見込んでいる」(菅沼氏)。

 同社の強みとして菅沼氏は、会員の購買動向が分かるデータ分析基盤「DB WATCH」を挙げた。会員の年齢や性別、エリアごとの傾向や、時系列に沿った購買動向を知ることができる。

 菅沼氏は具体例として、データベースから算出した2013年9月から2014年8月までの1年間に売れた音楽CDのランキングを紹介した。「日本全国でCDを買っている人の5人に1人くらいのデータは集まっている」(菅沼氏)。