PR

 今年、11カ国を横断する世界ツアーを実施、3万5千人を動員したきゃりーぱみゅぱみゅ。配信楽曲が各国のiTunesストアで上位に入るなど、世界で最も成功した日本人アーティストの一人だ。カラフルな衣装や独特の世界観に目が行くが、世界ヒットの裏には綿密な海図を描いた2人の男がいる。15日まで東京・代官山で開催された音楽、インターネット、スタートアップ(新興企業)の業界横断イベント「ザ・ビッグ・パレード」に2人が登壇、成功までの道筋を明かした。

ワーナーミュージック・ジャパンの鈴木竜馬氏はアーティストの海外での成功には「意思を持って仕込み、フィードバックすることが必要」と話す
ワーナーミュージック・ジャパンの鈴木竜馬氏はアーティストの海外での成功には「意思を持って仕込み、フィードバックすることが必要」と話す
[画像のクリックで拡大表示]

 きゃりーの所属事務所アソビシステム(東京・渋谷)社長の中川悠介氏と、レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンでプロデュースを手掛ける鈴木竜馬氏が対談した。

 中川氏は07年にアソビシステムを設立。歌手やモデルのマネジメントのほか、原宿文化の世界への発信も手掛ける。その中川氏がイベントで知り合ったのが、まだ高校生だったきゃりーだ。知己のあったワーナーの鈴木氏に話を持ち込むと「センスはぶっちぎり。音楽に携わりたいということで、二つ返事で答えさせてもらった」(鈴木氏)。

 当初から中川氏の頭には世界展開があった。「原宿のファッションにオリジナリティーを見いだす外国人は多い。日本で作った日本語の文化を海外に持っていくとどうなるか。興味があった」。11年のデビューアルバムから切り出した楽曲「PONPONPON」は世界23カ国でのデジタル配信に先駆け、動画共有サイト、ユーチューブで公開した。