PR

 米Microsoftは現地時間2014年9月15日、人気ビデオゲーム「Minecraft」の開発元であるスウェーデンMojangを買収することで両社が合意したと正式発表した。買収額は25億ドルで、手続きは年内に完了する見通し。両社の買収交渉については、米Wall Street Journalが9月9日に「近く合意する」と報じていた(関連記事:Microsoft、「Minecraft」開発元の買収で合意間近か)。

 Minecraftは2009年にリリースされ、Microsoftの「Xbox」のほか、ソニーの「PlayStation」、パソコンやスマートフォン向けに提供されている。Microsoftによれば、これまでダウンロード数はパソコンだけで1億回を超え、Xboxで最も人気が高く、iOSおよびAndroid向け有料ゲームで米国トップにもなっている。

 Mojangは買収手続き完了後、Microsoftのゲーム制作部門Microsoft Studiosに統合される。Minecraftは引き続き、Xbox、パソコン、iOS、Android、PlayStation向けに展開する。Microsoftのクラウドおよびモバイル関連技術を利用して、より高速でリッチな体験とパワフルな開発ツール、より幅広いコミュニティーとの関わりをMinecraftユーザーに提供するとしている。

 なお、Mojangの共同創業者であるMarkus(Notch)Persson氏、Carl Manneh氏、Jakbok Porser氏は同社を去ることを明らかにした。Mojangは公式ブログで、「NotchはMinecraftをこれほど大きくしようと考えていたわけではなかった。彼はここ数年、より小規模のプロジェクトに取り組もうとしてきたが、Minecraftを運営するプレッシャーはあまりに大きくなりすぎた。唯一の選択肢はMojangを売ることだった」と説明している。

 Persson氏は外部からの投資を好まず、大手企業に手厳しい態度を取ることで知られ、独立系ゲーム業界で一目置かれている存在だったため、当初、同買収の噂は驚きをもって報じられた。

[発表資料(Microsoftのプレスリリース)]
[発表資料(Mojangの公式ブログ)]