PR
写真1●Visual Studio上で、TouchToolkitのコンポーネント「C1Zoom」を既存のアプリケーションにドラッグ&ドロップで追加した画面(出典:グレープシティ)
写真1●Visual Studio上で、TouchToolkitのコンポーネント「C1Zoom」を既存のアプリケーションにドラッグ&ドロップで追加した画面(出典:グレープシティ)
[画像のクリックで拡大表示]

 グレープシティは2014年9月16日、Windowsアプリケーションを開発するための機能コンポーネント群「ComponentOne Studio」の新バージョン「2014J v2」を発売した。新版では、業務アプリケーション資産をドラッグ&ドロップ操作だけでタッチ対応アプリケーションへと作り変えるコンポーネント「TouchToolkit」を追加した。開発会社は、米ComponentOne。

 今回、ComponentOne Studioに追加したTouchToolkitとは、Windows Forms(.NET Framework環境で使える画面開発APIの主流)を使って開発した業務アプリケーションの資産を、タッチ対応のアプリケーションへと作り変えるコンポーネントである。既存のWindows FormsアプリケーションをVisual Studioで開き、ここにTouchToolkitをドラッグ&ドロップするだけでタッチ対応になる(写真1)。

 TouchToolkitには、7個のコントロール部品が含まれる。これらを既存のアプリケーションに追加するだけで、ピンチズーム、スワイプ、パンウィンドウ、拡大鏡といったタッチデバイス特有の操作ができるようになる(写真2)。また、アプリケーションのレイアウトを一切変更することなく、実行時にアプリケーションのウィンドウサイズに追従して画面全体を拡大したり縮小したりできる。

写真2●拡大鏡(左)とパンウィンドウ(右)の機能を追加したアプリケーション画面(出典:グレープシティ)
写真2●拡大鏡(左)とパンウィンドウ(右)の機能を追加したアプリケーション画面(出典:グレープシティ)
[画像のクリックで拡大表示]

 TouchToolkitは、ComponentOne Studioの三つのエディションに含まれる。それぞれの価格(8%消費税込み)は、開発ユーザーライセンスの場合、Windows Forms専用の「ComponentOne Studio for WinForms」が初年度10万8000円、上位製品の「ComponentOne Studio Enterprise」が初年度16万2000円、最上位の「ComponentOne Studio Ultimate」が初年度19万4400円。1年単位の更新費用は、それぞれ初回費用の40%。

 TouchToolkitを使ってタッチ化したアプリケーションを配布/利用するには、別途ランタイムライセンスが必要になる。費用は、10ライセンスで10万8000円、100ライセンスで64万8000円、500ライセンスで216万円など。なお、TouchToolkitは単体として「MultiTouch for Windows Forms」の名称で2013年8月28日から提供している(開発ユーザーライセンスで3万2400円)。