PR

 ソフトバンクモバイルは2014年9月16日、MNP(モバイル番号ポータビリティー)で同社に乗り換えた顧客向けに、それまで使っていた端末を最大4万3200円で下取りするキャンペーン「のりかえ下取りプログラム」を19日に開始すると発表した。提供期間は10月31日まで。

 米アップルのiPhone 6/同Plusをはじめ、SoftBank スマートフォン、シンプルスマホ、SoftBank 3Gの指定機種を購入し、MNPで乗り換えることが前提。ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクとワイモバイルからの乗り換えは対象外。下取り端末はNTTドコモの「キッズケータイ」とKDDI(au)の「ジュニアケータイ」を除き、スマートフォンとフィーチャーフォン全般を対象とする。

 機種に応じて下取り金額が変わり、iPhone 5s(64GBモデル)、GALAXY S5(NTTドコモの「SC-04F」、KDDIの「SCL23」)、Xperia Z2(NTTドコモの「SO-03F」)、Xperia ZL2(KDDIの「SOL25」)の場合で最大4万3200円()。24カ月間にわたり、毎月の利用料金を割り引く形で還元する。iPhone 5s/5c/5の下取り金額については、NTTドコモの「iPhone下取りプログラム」に合わせる一方、iPhone 4sを含む、その他の機種については一律2万4240円と高めに設定した。

表●ソフトバンクモバイルの「のりかえ下取りプログラム」による割引額
表●ソフトバンクモバイルの「のりかえ下取りプログラム」による割引額
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、適用に当たっては、国内音声通話定額を組み込んだ「スマ放題」への加入が条件となる。このほか、「下取り端末が正常に動作する」、「正規に購入した端末である」、「申込者が下取り端末の所有権を持っている」なども条件になる。

 iPhone 6/同Plusの発売に合わせ、携帯電話大手3社による端末下取りプログラムの競争が加熱してきた。総務省が16日に開いた基本政策委員会では「キャッシュバックとどこが違うのか。きちんと手を引いていた(自粛していた)と思っていたので、それを維持してもらいたい」(構成員)といった苦言が早くも出ている。総務省はこれに対し、「過剰なキャッシュバックは望ましくない。きちんと注視していきたい」(料金サービス課)との回答にとどめた。