PR
画面●KINGSOFT Internet Security 2015の画面
画面●KINGSOFT Internet Security 2015の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 キングソフトは2014年9月16日、セキュリティソフトの新バージョン 「KINGSOFT Internet Security 2015」の無償版および有償版の提供を開始した(画面)。

 新版では、パソコン内の不要ファイルの検出・削除などができる「ワンクリック最適化機能」を新たに搭載。また2011のバージョンまで搭載していたスケジュールスキャンとファイルクラッシャー(指定したファイルをパソコン内から完全削除する機能)を復活させた。

 このバージョンは「広告付完全無料版」「広告なし完全無料版」「1年版」「無期限版」の4つの方法で提供する。このうち今回新たに始めたのは、広告なし完全無料版。Internet Explorerのホームページをキングソフトのポータルサイト「StartHome」に設定し、ポップアップ広告を出さない。ホームページ設定を解除すると、ポップアップ広告が表示される。1年版と無期限版は有料で、価格はそれぞれ1000円と2000円(いずれも税込み)。

 動作環境は、OSがWindows Vista/7/8/8.1(32ビット/64ビット)とInternet Explorer 8~11、2GHz以上のCPUと4GB以上のメモリー、1GB以上の空き容量があるHDDとなっている。またパターンファイルの更新とクラウドサーバーとの接続を行うためオンライン環境にあり、管理者権限のあるアカウントでログインしていることが必要。仮想環境には対応しない。