PR
日本HPの「HP ENVY 23 Beats Special Edition」
日本HPの「HP ENVY 23 Beats Special Edition」
[画像のクリックで拡大表示]
日本HPの「HP Beats 15-p000」
日本HPの「HP Beats 15-p000」
[画像のクリックで拡大表示]
日本HPの「HP Slate 7 Beats Special Edition」
日本HPの「HP Slate 7 Beats Special Edition」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2014年9月17日、臨場感ある重低音を楽しめるという高音質パソコン「Beats Special Edition」2機種と同シリーズのAndroidタブレット1機種を9月26日に発売すると発表した。製品名は23型オールインワン「HP ENVY 23 Beats Special Edition」、15.6型ノート「HP Beats 15-p000」、7型Androidタブレット「HP Slate 7 Beats Special Edition」。価格はオープン。

 HP ENVY 23 Beats Special Editionは、フォトフレーム型の液晶一体型PCで、独自チューニングの高音質技術「BeatsAudio」に対応したスピーカーとサブウーファーをそれぞれ4基搭載した。第4世代Core i5-4460Tプロセッサーと8GBメモリー、8GBフラッシュメモリー内蔵の1TBハイブリッドHDD、DVDスーパーマルチドライブを内蔵。予想実売価格(税別)は14万円前後。

 HP Beats 15-p000は、剛性感あるユニボディを採用したノートPCで、BeatsAudio対応スピーカーとサブウーファーをそれぞれ2基搭載した。AMD A8-5545M APUと8GBメモリー、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、フルサイズキーボードを備える。バッテリー駆動時間は約4時間。本体寸法は幅385×奥行き262×高さ28.5mm、重さは約2.56kg。予想実売価格は9万5000円前後。

 両機種とも、液晶はマルチタッチ対応で解像度はフルHD(1920×1080ドット)。「ブリリアントレッド」の本体カラーにbeatsロゴを配したデザイン。OSはWindows 8.1 Updateを搭載する。量販店で取り扱う。

 HP Slate 7 Beats Special Editionは、NVIDIA Tegra 4プロセッサーを採用したAndroid 4.4搭載タブレット。本体前面にBeatsAudio対応のバスレフ型フロントデュアルスピーカーを内蔵した。画面解像度はWXGA(1280×800ドット)。バッテリー駆動時間は約8時間。本体色は「スパークリングレッド」。バッテリー駆動時間は約8時間。本体寸法は縦200×横120×厚さ9.9mm、重さは約356g。直販モデルのHP Directplus価格は2万4800円、量販店モデルの予想実売価格は2万5000円前後。

 このほかにも同社は、21.5型フルHD非光沢液晶を採用したオールインワンPC直販モデル「HP 22-1040jp」(HP Directplus価格5万9800円)を9月17日、15.6型液晶搭載のエントリーノートPC量販店モデル「HP 15-r000」(予想実売価格3万8000円前後から)を9月26日に発売する。