PR
写真●NTTドコモの発売イベントの様子。写真右から渡辺謙さん、先頭の顧客、NTTドコモの加藤薫社長、堀北真希さん
写真●NTTドコモの発売イベントの様子。写真右から渡辺謙さん、先頭の顧客、NTTドコモの加藤薫社長、堀北真希さん
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモは2014年9月19日、米アップルのiPhone 6/同Plusの販売を始めた。発売イベントに登場した加藤薫社長は、「朝早くから並んでいただき、ありがとうございます」と挨拶。「(iPhoneの発売は)今年で2回目だけど、やはり興奮します。待ち遠しかった」と感想を述べた。

 イベントに参加した渡辺謙さんは「海外でiPhoneを使っているが、日本で利用しているGALAXYに比べると、どうしてもサイズが。原稿や写真のチェックの際に、どうしても老眼が入っているので」と笑いを誘いながら、「iPhone 6 Plusは画面の相当なクオリティがあるので楽しみ」とコメントした。堀北真希さんは「(iPhone 6/同Plusの)どちらも気になる。それぞれ良いところがあるのでとても悩む。色はやっぱりゴールドが気になる」とした。

 加藤社長はさらに、「ドコモ全員で頑張っていく。ネットワークは『フルLTE』、サービスはドコモ直営がたくさんある。ドコモショップは全国に約2400店あるが、『おもてなし魅力度』の1位もいただいた。もっともっと磨きをかけていく。新料金プランを含め、総合力で盛り上げていきたい。思う存分、使っていただきたい」と総括した。

 発売イベントが開かれた「ドコモショップ丸の内店」では、午前8時時点で30人程度が並んだ。iPhoneの販売が初めてだった昨年は数百人の行列ができたが、今年は大きな混乱なく終了した。先頭の顧客は15日午後8時から並んだという。「実は昨年も一番(先頭)だった。今年は盛り上げようと思って」と、謎の青いコスチューム(写真)で登場した。