PR
写真1●「ソフトバンク表参道」前で「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の販売開始を待つ人たち
写真1●「ソフトバンク表参道」前で「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の販売開始を待つ人たち
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●開店前のトークショーに登場したソフトバンクモバイルの宮内謙・代表取締役副社長兼COOと、タレントの神田沙也加さん
写真2●開店前のトークショーに登場したソフトバンクモバイルの宮内謙・代表取締役副社長兼COOと、タレントの神田沙也加さん
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●中央のカウントダウン表示がゼロになった瞬間
写真3●中央のカウントダウン表示がゼロになった瞬間
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●1番乗りだった男性(中央)がiPhone 6を手にした
写真4●1番乗りだった男性(中央)がiPhone 6を手にした
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2014年9月19日午前、東京都のJR原宿駅前にある「ソフトバンク表参道」で、米アップルの新型スマートフォン「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の発売セレモニーを開催した。発売開始前からJR原宿駅と同店の間には大行列ができ、イスに座って待つ徹夜組の人もいた(写真1)。8時までに200人以上が並んだ。

 8時の開店を前に、ソフトバンクモバイルの宮内謙・代表取締役副社長兼COOと、タレントの神田沙也加さんが登場した(写真2)。

 宮内副社長は「当社はiPhoneを6年間扱ってきた。新機種ではTD-LTEとFDD-LTEの2つの通信方式にも対応し、よりつながりやすくなる。約1億件の“ビッグデータ”を活用して、つながりにくい地点を解消する取り組みも進めてきた。日経BP社の中立的な顧客満足度調査でも、1位をいただいた(関連記事)。これまでの当社の進化の集大成がiPhone 6に表れる」とアピールした。

 米国留学経験がある神田さんは、ソフトバンクのiPhone 6を米国内に持ち込めば日本国内の同等の通話料で使える「アメリカ放題」(関連記事:ソフトバンクが「アメリカ放題」、米国での音声とデータ通信を安く)に言及。「米国に行くと通信料金で『あちゃー』と思ったことがある。日本と同じというのはうれしい」と話した。

 「私はiPhone 6 PlusよりiPhone 6を使いたい」と話す神田さんに、宮内副社長が「じゃあ、iPhone 6 Plusはお母さん(松田聖子さん)に」と話しながら2機種をプレゼントする一幕もあった。

 その後、カウントダウンが始まり、ゼロになると開店(写真3)。宮内副社長と神田さんの出迎えを受けて1番前に並んでいた男性が入店した。3日前の16日昼から並んでいたという。iPhone 6のシルバーを購入し、契約手続きを終えて店を出てきた男性は、「iPhone 3GSのころから何年も並んできてようやく1番乗りできてうれしい」と喜びを語った(写真4)。