PR
写真1●iOS 8向け日本語IME「ATOK for iOS」
写真1●iOS 8向け日本語IME「ATOK for iOS」
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャストシステムは2014年9月22日、米アップルの最新モバイルOS「iOS 8」に対応した日本語入力ソフト(IME)「ATOK for iOS」(写真1)を発売した(関連記事:iOS 8用日本語IME「ATOK for iOS」が発売、PC向け同等の変換エンジン搭載)。

 PCやAndroidなど他のプラットフォーム向けでは、今さら語るまでもない歴史と実績を持つATOKがついに登場したということで、気になるiOS端末ユーザーは多いだろう。先に登場した無料の日本語IME「Simeji(シメジ)」と比べた使い勝手などはどうなのか。実際にインストールし、触ってみた。Simejiについては、関連記事「iOS 8向け無料日本語入力ソフト「Simeji」がリリース、さっそく触ってみた」も参照いただきたい。

 なお、記者の手持ちの端末はiPhone 5sとiPhone 5であり、iPhone 6/6 Plusは持っていない。両端末ともiOS 8にアップデートしてから全体的に動作がもっさりしている印象がある。また、アプリによってはときどき挙動がおかしいことがある(日本語入力を受け付けなくなるなど)。こうした状態でのレビューということをあらかじめご理解いただきたい。

全機能を使うには「フルアクセス許可」が必要

 インストールから利用開始までの手順を見ていこう。App Storeにアクセスし、「ATOK」を検索して購入、ダウンロードする。価格は1500円でAndroid版ATOKと同じだ。容量は、ジャストシステムの発表資料では90Mバイトとなっていたが、App Store上の表示では71.7Mバイトと表示されていた。

 ダウンロードするとホーム画面上にアプリアイコンが表示されるが、これをタップしても導入手順などが表示されるだけ。ATOKを日本語IMEとして利用するには、OSの設定変更(キーボードの追加)が必要になる。まずは「設定」を開き、「一般」から「キーボード」を選択する(写真2)。

写真2●「設定」を開き、「一般」から「キーボード」を選択する
写真2●「設定」を開き、「一般」から「キーボード」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]