PR
写真●Android 4.4搭載スマートフォン「Xperia Z3 SOL26」 カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色を用意
写真●Android 4.4搭載スマートフォン「Xperia Z3 SOL26」 カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色を用意
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2014年9月24日、KDDIおよび沖縄セルラー電話が10月下旬にauブランドで発売予定の防水・防塵対応Androidスマートフォン新機種「Xperia Z3 SOL26」(写真)を発表した。

 Xperia Z3 SOL26(以下、Xperia Z3)は、OSにAndroid 4.4を採用したAndroidスマートフォン。約5.2インチ(解像度は1920×1080ドット)の大型ディスプレイを搭載しながらも、「厚さ約7.3㎜、重さ約152グラム」と薄型軽量に仕上げている。外装はアルミフレームおよび強化ガラス製。

 目玉となる機能強化点は大きく二つ。カメラ機能とハイレゾ音源対応機能の強化だ。Xperia Zシリーズの大きな売りの一つであるカメラ機能は今回、「ISO12800の高感度撮影」および「進化した電子式手ブレ補正機能:インテリジェントアクティブモード」の二つをサポートした。ISO12800撮影のサポートはXperiaシリーズを通して初だという。

 高性能なカメラ機能を手軽に楽しめるように、(1) 画面に写る被写体をキャンバスにして3Dオブジェクトなどを配置し動画や静止画を加工できる「ARファン」、(2) Xperiaシリーズなど最大3台の機器をワイヤレス接続して撮影可能にする「マルチカメラ」、(3)最大10秒間の音声付き写真を撮影できる「サウンドフォト」、(4)メイン・フロント両カメラで被写体と撮影者を同時に撮影する「フェイスインピクチャー」---という新しいカメラアプリを提供する。

 ハイレゾ音源対応機能の強化に関しては今回、CDやMP3などの圧縮音源の解像度をハイレゾ相当(最大で96kHz/24ビット相当まで拡張)にアップスケーリングする独自技術「DSEE HX」を新たに搭載した。

 その他、ゲーム機「PlayStation 4(PS4)」と無線LANなどで遠隔接続し、ゲームプレイを楽しめる「PS4 リモートプレイ」もサポートしている(関連記事:ソニーモバイルの「Xperia Z3」シリーズを国内先行体験してみた)。なお、PS4 リモートプレイは11月リリース予定となっており、利用に当たっては専用アプリのダウンロードが必要になる。

 主要スペックは以下の通り。2.5GHzクアッドコアプロセッサーを搭載し、内蔵メモリーはRAMが3Gバイト、ROM(ストレージ)が32Gバイト。カメラ機能は、メインカメラが約2070万画素(4K動画撮影対応)、フロントカメラが約200万画素。NFCおよび「おサイフケータイ」に対応。無線LAN機能はIEEE802.11a/b/g/n/acをサポート。IPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を有する。

 本体の外形寸法は、約146mm(高さ)×約72㎜(幅)×約7.3㎜(厚さ)。電池容量は3100mAh。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色を用意する。