PR
写真●iPhone 6とiPhone 6 Plus
写真●iPhone 6とiPhone 6 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 米IHSは現地時間2014年9月23日、米Appleの最新スマートフォン「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の実機を分解して調査した原価分析結果を発表した(写真)。販売価格で100ドルの差がある2機種は、製造原価の差が推定15.50ドルだという。

 IHSによると、16GバイトモデルのiPhone 6は、BOM(Bill of Material:部品表)に基づく原価が196.10ドルで、製造コスト4.00ドルを合わせると推定200.10ドルとなる。16GバイトモデルのiPhone 6 PlusはBOM原価が211.10ドルで、製造コスト4.50ドルを合わせると215.60ドルと推定される。

 両機種の販売価格(16Gバイトモデルの場合)を見ると、2年契約付きでiPhone 6が199ドル、iPhone 6 Plusが299ドル、契約無しではそれぞれ649ドルおよび749ドルとなっている。

 両機種とも部品原価が最も高いのはIPS液晶タッチディスプレイで、4.7インチのiPhone 6は45.00ドル、5.5インチのiPhone 6 Plusは52.50ドルと見積もられる。いずれもジャパンディスプレイと韓国LG Displayの2社から調達している。

 「iPhone 5s」のタッチ対応Retinaディスプレイは推定41.00ドル(2013年10月時点)だった。

 iPhone 6とiPhone 6 Plusの最も顕著な違いは画面サイズだが、ディスプレイだけでなく、強化したカメラやバッテリーもBOM原価の差に影響を与えている。バッテリーはiPhone 6が3.60ドルに対し、iPhone 6 Plusは4.60ドル。カメラはそれぞれ11.00ドルと12.50ドルと推測される。

 またIHSは、両機種ともプロセッサが韓国Samsungの製造ではないことを指摘している。

 16GバイトiPhone 6の粗利益率は約69%となり、ここ数年の傾向と一致している。iPhone 5sと2012年にリリースされた「iPhone 5」も約69%、「iPhone 5c」は約68%だった。しかし初代iPhoneの約55%と比べると大きく上昇している(米CNBC)。

[発表資料へ]
[機種別BOM原価]