PR
写真●「ビューティフルジャパン」開始の式典を執り行う綾瀬はるかさん(中央)ら
写真●「ビューティフルジャパン」開始の式典を執り行う綾瀬はるかさん(中央)ら
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2014年9月25日、2020年開催の東京オリンピックを日本全体のオリンピックととらえ、日本を一つのチームにするプロジェクトの「ビューティフルジャパン」を6年にわたり実施すると発表した。

 6年かけて47都道府県を一つひとつ訪ね、若きアスリート達の練習風景やオリンピックにかける熱い思い、彼ら/彼女らを支え応援する人々、そしてその土地の美しさを緻密で鮮やかな4K映像で記録、様々なメディアを通して提供する。

 4K対応液晶テレビであるビエラ「AX900シリーズ」の発売に合わせて、プロジェクトCMを10月17日から全国で順次放送する。オリンピックを目指すジュニアアスリートと日本の風景とともに、挑戦することの大切さや夢を追うことの素晴らしさ、日本の美しさを発信するという。

 2014年10月17日から全国で順次オンエアするテレビCMの放送に先駆けて、パナソニック「ビューティフルジャパン」スペシャルサイトでCMの先行配信を9月25日に開始した。同サイトでは他にも、オリンピックを目指すジュニアアスリートや、彼ら/彼女らの支えとなっている家族やコーチのインタビュー映像など、テレビCMの続きのストーリーを公開している。ビエラ4K「AX900シリーズ」には「ビューティフルジャパン」アプリがプリインストールされている。ユーザーはネット回線に接続することでいつでも映像を視聴できる。

 パナソニックは2014年9月25日の会見で、「ビューティフルジャパン」開始の式典を実施した。式典に参加した同プロジェクトのアンバサダーを務める女優の綾瀬はるかさん(写真・中央)は、「子どもたちの夢を乗せたプロジェクトに参加させてもらえることを嬉しく思っている」などと述べた。

[ビューティフルジャパンのWebページへ]