PR
写真1●結果レポートに含まれるベンチマーク結果の一部(出典:東陽テクニカ/パステル・ネットワークス)
写真1●結果レポートに含まれるベンチマーク結果の一部(出典:東陽テクニカ/パステル・ネットワークス)
注1:10Gビット/秒のポートを2ポート使用してアプリケーションスループットを測定した
注2:HTTP 1.1を使い、1コネクション当たり10トランザクションで測定した
[画像のクリックで拡大表示]

 東陽テクニカとパステル・ネットワークスは2014年9月25日、IT機器の性能ベンチマークを依頼できるサービス「@benchmark」において、ちょうど10製品めとなるベンチマーク結果レポートを公開した(写真)。今回ベンチマークして結果レポートを公開した機器は、米A10 Networksの中小企業向け負荷分散装置「Thunder 1030S」である。

 前提となる@benchmarkとは、IT機器のベンチマークテストをユーザー企業に代わって実施し、結果をレポートする会員制サービス。東陽テクニカが2014年4月から提供している(関連記事:IT機器の性能ベンチマークを依頼できる月額5万円の会員制サービス)。テスト結果は依頼企業名を伏せた形で会員間で共有する。

 会員企業は、自社の運用に合わせてパラメーターを設定済みのIT機器を持ち込んで、テストを依頼する。東陽テクニカでは、サービス開始から記事執筆現在までに10製品をベンチマークし、それぞれの結果レポートを作成してきた。今回、ちょうど10製品めとなる結果レポートを公開した格好である(記事末の)。

 今回ベンチマークしたIT機器は、A10ネットワークスが2013年8月から出荷している中小企業向け負荷分散装置のThunder 1030Sである(関連記事:A10ネットワークス、新プラットフォームの負荷分散装置にエントリー機を追加)。Thunder 1030Sの価格(税別)は、2013年8月時点で349万9000円。ベンチマークでは、やり取りするデータのサイズを64バイトから1Mバイトの間で変えつつ、各種の動作モードや条件ごとに、1秒当たりのTCPコネクションの件数とHTTP/HTTPSスループットを計測した。

表●@benchmarkのベンチマーク結果レポート一覧
テスト結果を省いたレポートをWebで公開している
ベンダー製品名製品の概要レポート作成日
米A10 NetworksThunder 1030S中小企業向け負荷分散装置2014年9月25日
台湾のQuanta ComputerQuantaMesh T3040-LY3データセンター向けスイッチ2014年9月5日
ヤマハRTX810VPNルーター2014年8月26日
アライドテレシスx510-28GTX(レイヤー3)スイッチ2014年8月7日
アライドテレシスx510-28GTX(レイヤー2)スイッチ2014年8月7日
米FortinetFortiGate-40CUTM2014年7月4日
米Palo Alto NetworksPA-3020次世代ファイアウォール2014年5月22日
米Cisco SystemsCisco 1921ルーター2014年5月19日
インドのCyberoamCR25iNGUTM2014年4月18日
ヤマハRTX1200VPNルーター2014年3月26日
■変更履歴
写真1のキャプションにベンチマークのテスト条件を付記しました。[2014/10/08 13:00]