PR
写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 13」
写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 13」
[画像のクリックで拡大表示]
ビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements 13」
ビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements 13」
[画像のクリックで拡大表示]

 アドビシステムズは、コンシューマー向け写真編集ソフト最新版「Adobe Photoshop Elements 13」およびビデオ編集ソフト最新版「Adobe Premiere Elements 13」のダウンロード版を2014年9月24日から、パッケージ版を10月3日から発売する。ダウンロード版、パッケージ版とも価格(税別、アドビストアは不課税)は各1万3800円。

 Photoshop Elements 13は、コピー&ペーストレベルの簡単な操作で合成写真が作成できる「Photomerge Compose(フォトマージ コンポーズ)」機能を搭載。詳細な境界線を調整するブラシや、カラートーンの自動一致機能を組み合わせることで、自然な合成写真を作成できる。

 このほかにも、Facebookページの作成や白黒写真をカラー化する機能、1クリックで合計50通りのバリエーションの写真カスタマイズが可能になる機能、顔や水平線などの要素を分析して4種類の異なる構図を提案する「切り抜き候補」ツールなどを備えた。

 Premiere Elements 13は、ビデオトリミングにかかる時間を最小化し、「お気に入りの画面」機能を使ってクリップ内のベストパートにマークを付けて組み合わせるだけでショートムービーを作成できる。

 また、ムービータイトルにビデオ映像を追加する機能、動画の手ぶれを補正する「シェイクスタビライザー」機能、テーマに合わせた作品を短時間で作成できる「ビデオストーリー」機能などを備える。

 対応OSはWindows 7/8、Mac OS X 10.8/10.9。製品版のほか、乗り換え・アップグレード版を用意。価格は各9800円。また、両ソフトのセット製品「Adobe Photoshop Elements 13 & Adobe Premiere Elements 13」を1万9800円(乗り換え・アップグレード版は1万4800円)で販売する。