PR

 新型iPhoneの大型モデル「iPhone 6 Plus」の本体が曲がると指摘されていることを受け、米Appleは「通常の使用で曲がるのは極めて異例」などとする声明を出し、反論した。複数の海外メディア(米Wall Street Journal米New York Times米CNETなど)が現地時間2014年9月25日に報じた。

 iPhone 6 Plusについては、あるユーザーがズボンのポケットに入れて長時間座っていたら本体が曲がったとし、その画像をネットで公開した。また両手を使って本体を曲げる映像も動画共有サイトに投稿され、それらをきっかけにiPhone 6 Plusの強度に関する懸念が広がった。

 これに対しAppleは9月25日に声明を出し、「新型iPhoneは、6000シリーズのアルミニウムを使ったユニボディ筐体を採用しており、高い強度、耐久性を持っている」などと述べた。同社によると、iPhone 6と同6 Plusは、開発の全工程で厳格な試験を行っており、いずれも日常生活に耐える高水準の品質基準を満たすか、上回ったという。

 新モデルの発売後6日間に、この件に関してAppleに問い合わせをした顧客は9人で、「iPhone 6 Plusが通常の使用で曲がるというのは極めて異例。ほかの製品同様、もし質問があればAppleに連絡してほしい」としている。

 なお「iOS 8」の初回アップデート「iOS 8.0.1」に不具合があったため、配布を中止したことについてAppleは9月25日、サポートページに情報を掲載した。それによると同社は現在「iOS 8.0.2」を準備中で、数日中に公開する予定。すでにiOS 8.0.1をダウンロードしたiPhone 6と同6 Plusのユーザーは「iTunes」を使ってiOS 8に戻すよう案内している。

 iOS 8.0.1は、健康管理機能「Health」の開発ツール「HealthKit」にあったバグなどを修正するアップデートだった。だがiPhone 6と同6 Plusにこれをインストールすると、携帯電話ネットワークへのアクセスや指紋認証機能「Touch ID」に不具合が生じると報告されていた(関連記事:バグ修正のアップデート「iOS 8.0.1」で深刻な不具合、公開を即停止)。