PR

 アクトビラは2014年9月29日、市販のアクトビラ4K対応テレビに向けた4K VOD配信サービスである「4Kアクトビラ」を12月11日に開始すると発表した。同社は2014年6月25日の事業方針説明会で、市販の4Kテレビ向けの4Kストリーミング配信サービスを12月に開始すると発表しており(関連記事)、今回12月以降のスケジュールなど、より詳細な情報を公開した。

 12月11日には、まずグルメ・紀行・スポーツ・グラビアなど幅広いジャンルの4Kコンテンツを無料で体験できる配信サービスの開始を予定する。2015年2月18日からは4Kコンテンツの有料配信も開始し、映画・ドラマ・ドキュメンタリーなどのジャンルのコンテンツも追加する。

 4Kアクトビラでは、従来のサービスと同様に入会金・月額基本料は不要な形態で、オープンインターネット網を通じてコンテンツを配信する。現時点ではソニーとパナソニックが「4Kアクトビラ」対応機器を提供する予定。

 アクトビラは、総務省が推進する「次世代放送サービスの普及に向けた取組」にある「4K/8K普及推進に関するロードマップ」に沿って、対応機器メーカーやコンテンツプロバイダーといった関係者と連携しながら、4K配信の普及に向けて今後も尽力するという。

[発表資料(PDF)へ]