PR

 米経済誌「Forbes」は米国時間2014年9月29日、米国長者番付の2014年版を発表した。それによると、米Microsoft創業者のBill Gates氏が資産総額810億ドル(前年と比べ90億ドル増)で21年連続首位となった。

 著名投資家のWarren Buffett氏が資産総額670億ドル(前年比85億ドル増)で2位、米Oracle創業者で先ごろ最高経営責任者(CEO)を退いたLarry Ellison氏が資産総額500億ドル(同90億ドル増)で3位だった。

 トップ400ランキングの合計資産総額は2兆2900億ドル、平均資産額は57億ドルだった。2013年版の2兆200億ドルと50億ドルを上回り、最高記録を更新した。

 400人のうち、資産が拡大したのは303人、縮小したのは36人、横ばいは28人だった。資産の増加幅が最も大きかったのは、米Facebook共同創業者で会長兼CEOのMark Zuckerberg氏。資産総額は昨年比150億ドル増の340億ドルとなり、20位から11位に順位を上げた。

 米GoogleのLarry Page CEOは資産総額315億ドルで13位、同社共同創業者のSergey Brin氏は資産総額310億ドルで14位、米Amazon.com創業者兼CEOのJeff Bezos氏は資産総額305億ドルで15位に付けた。今年MicrosoftのCEOを退任したSteve Ballmer氏は資産総額225億ドルで18位となり、上位20人以内に返り咲いた。

 今回初めてランキングに入った人は27人で、Facebookが買収を予定している米WhatsAppのJan Koum共同創業者兼CEO(62位)もその1人だ。

 女性は、血液検査サービスの米Theranosを創業したElizabeth Holmes氏(110位)を含め47人が名を連ねたが、前年の48人を下回った。

[発表資料へ]