PR

 2014年10月1日に経営統合するKADOKAWAとドワンゴは9月30日、両社で統合記念キャンペーンを展開すると発表した(写真)。KADOKAWAが発行する電子書籍を期間限定で半額にしたり、全国10カ所の書店とインターネットが連動したイベントを開催したりする。両社は既に9月17日、統合キャンペーン「ニコニコカドカワ祭り」を半年間展開することを発表している。今回は両社統合の前日に、展開するキャンペーンを追加で発表した形となる。

写真●2014年10月1日に統合するドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏(左)とKADOKAWA取締役相談役の佐藤辰男氏(右)
写真●2014年10月1日に統合するドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏(左)とKADOKAWA取締役相談役の佐藤辰男氏(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 会見に登壇したドワンゴ代表取締役会長の川上量生氏は経営統合後のプランに対し、「統合後何をやるのかは構想としてはあるが、まだ話せる段階にはない。年内にはニコニコ生放送以来の新サービス『ニコキャス』を投入予定」(川上氏)と述べた。一方、KADOKAWA取締役相談役の佐藤辰男氏は「KADOKAWAとドワンゴはビジネスモデルが違えば、年齢層も違う。違いを言えばきりがないが、目指しているところは一緒だ」(佐藤氏)と語った。

 両社が今回、新たに発表した統合記念キャンペーンは2つ。KADOKAWAが提供する電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WALKER」上で展開する「BOOK☆WALKER 電子書籍セール」ではKADOKAWAのすべての電子書籍、および一部出版社の電子書籍を最大で半額で販売するほか、購入額に応じて10月9日以降に利用できる最大5割引のクーポンを配布する。加えて、新規会員登録者にはキャンペーン期間中でも利用可能な6割引のクーポンを配布する。キャンペーン期間は10月1日から10月7日までの1週間となる。