PR

写真●NECプラットフォームズの「AtermWG1800HP2」
[画像のクリックで拡大表示]
写真●NECプラットフォームズの「AtermWG1800HP2」

 NECとNECプラットフォームズは2014年9月30日、無線LANルーターの新製品「AtermWG1800HP2」を10月9日に発売すると発表した(写真)。IEEE 802.11acに対応する同社の無線LANルーターの最上位機種で、WG1800HPの後継モデルとなる。最大通信速度(理論値)は、5GHz帯が802.11acの1300Mbps。2.4GHz帯が802.11nの450Mbps。

 AtermWG1800HP2は、同WG1800HPから無線LAN中継機能を強化し、「Wi-Fi TVモード中継機能」を搭載した。親機側と子機側の両方で電波干渉が少なく安定した高速通信が可能な5GHz帯を用いて、NEC独自の「TVモード」技術を使って通信を中継する。

 またWG1800HPにはなかった「こども安心ネットタイマー」機能を搭載した。無料の専用アプリケーション(Android用およびiOS用)を使って、保護者が簡単に無線LANで接続するスマートフォンやタブレット、ゲーム機ごとに接続スケジュールを設定できる。

 このほか、NFCタグを読み取ることで接続設定ができる“らくらく「かざして」スタート”に対応した点も、WG1800HPからの変更点である。

 AtermWG1800HP2は、単体および2台セットモデルの「AtermWG1800HP2 イーサネットコンバータセット」として販売する。価格はいずれもオープンで、発売時の想定売価は単体が税別1万7000円前後、イーサネットコンバータセットが同3万3000円前後。

発表資料へ