PR

 マカフィーは2014年9月30日、個人向けのセキュリティ対策ソフトの新バージョン「リブセーフ 2015」「オール アクセス 2015」「トータルプロテクション 2015」「インターネットセキュリティ 2015」「アンチウイルス プラス 2015」を発表した。リブセーフ 2015はインストールを簡単にし、iOS端末の紛失・盗難対策やAndroid端末での無線LANセキュリティ対策を強化した。10月17日に発売する。

 マカフィーの新製品は、Windows/OS X/iOS/Androidを対象にした「クロスデバイスセキュリティ」製品と、Windows向けセキュリティ対策ソフト製品の2系統ある。クロスデバイスセキュリティに属するのは、リブセーフ 2015とオール アクセス 2015。リブセーフは、ウイルス対策、フィッシング対策、保護者用機能、パスワード管理、個人情報保護、迷惑メール対策、ファイアウオール、脆弱性対策、モバイル端末の紛失・盗難対策の機能を備える。

 リブセーフ 2015は、インストールをより簡単にしたほか、処理性能を改善、モバイル端末でのセキュリティ対策を強化した(写真1、写真2)。アプリケーションはインターネットからダウンロードしてインストールする。購入後にユーザー登録すると、登録した電子メールアドレスにインストール用のメールが送付される。メールには、プラットフォームごとのインストール用のリンクが記述してあり、ユーザーはそのリンクをたどることで、メールを閲覧した端末に合ったアプリケーションをインストールできる(写真3)。

写真1●Windows向けの「リブセーフ 2015」
写真1●Windows向けの「リブセーフ 2015」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Android向けの「リブセーフ 2015」。機能はWindows向けとは異なる
写真2●Android向けの「リブセーフ 2015」。機能はWindows向けとは異なる
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●ユーザー登録後、インストール用に送られてくるメール
写真3●ユーザー登録後、インストール用に送られてくるメール
[画像のクリックで拡大表示]