PR

 NTTドコモは2014年9月30日に2014-2015年の冬春モデル発表会を開催し、新製品や新サービスを発表した(関連記事:NTTドコモが2014冬春モデル発表会、ウエアラブルなど新製品を発表、(写真1)。本記事ではスマートフォンやタブレットなど計16機種について、詳細をレポートする。

写真1●NTTドコモが2014-2015年冬春モデル計16機種を発表
写真1●NTTドコモが2014-2015年冬春モデル計16機種を発表
[画像のクリックで拡大表示]

冬春モデルのキーワードは「VoLTE」と「ハイレゾ」

 発表会に登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏は、冬春モデルの特徴として「VoLTE(Voice over LTE)対応」「ハイレゾ対応」「ホームアプリのバックアップ」「LTE-Advanced 225Mbps対応」の4点を挙げた。

 VoLTEには、冬春モデルの全スマートフォンが対応する(写真2)。「通信事業者ならではの、高品質なテレコミュニケーションを提供したい。発信時にはメロディコールを高音質で聞けるなど、機能向上も入っている」(加藤氏)と説明する。

写真2●全スマートフォンがVoLTEに対応
写真2●全スマートフォンがVoLTEに対応
[画像のクリックで拡大表示]

 CDを超える音質の「ハイレゾ」オーディオの再生には、冬春モデルのスマートフォン・タブレットの全機種が対応する。DACなどを経由せず、端末に直接ヘッドフォンを接続して利用できる。docomo selectで、ハイレゾ対応のヘッドフォンも提供するという。