PR

 その小型版である「Xperia Z3 Compact SO-02G」は、4.6インチ・HDの画面を採用する(写真5)。「小型軽量ながら、Xperia Z3と同等のエンタメ要素を搭載した」(加藤氏)。カラーはオレンジ・ホワイト・ブラック・グリーンの4色。11月中旬の発売を予定する。

写真5●Xperia Z3 Compact SO-02G
写真5●Xperia Z3 Compact SO-02G
[画像のクリックで拡大表示]

曲面ディスプレイのNote Edge登場、Gear Sやタフネススマホも

 サムスン電子の「GALAXY Note Edge SC-01G」は、9月にベルリンで発表したグローバルモデル(写真6)。カーブした有機ELディスプレイを搭載、画面右端のエッジスクリーンに時計や通知を表示することで、メイン画面をフル活用できるのが特徴。TD-LTE、700MHz LTEへの対応で国際LTEローミングも充実する。

写真6●GALAXY Note Edge SC-01G
写真6●GALAXY Note Edge SC-01G
[画像のクリックで拡大表示]

 ドコモ史上最速という2.7GHzのクアッドコアCPU、ドコモ史上最高という370万画素のフロントカメラを搭載。自分撮り(セルフィー)にも対応する。トークセッションでは、ゲストを交えてセルフィーを撮影する一幕もみられた(写真7)。カラーはブラック、ホワイトの2色。10月下旬(ホワイトは11月中旬)の発売を予定する。スマートウォッチ製品「Gear S」も、docomo selectから発売する(写真8)。

写真7●ステージ上でセルフィーを撮影
写真7●ステージ上でセルフィーを撮影
[画像のクリックで拡大表示]
写真8●Gear S
写真8●Gear S
[画像のクリックで拡大表示]