PR
写真●「SMBCステーション」の導入イメージ
写真●「SMBCステーション」の導入イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 三井住友銀行は2014年10月6日、4Kディスプレーを搭載した20型のタブレット端末を導入すると発表した。年内に試行を始め、約460ある国内の本支店に順次展開する。導入台数は約3700台で、投資額は40億~50億円程度を見込む。

 新端末は「SMBCステーション」という名称で、営業店の窓口で使う(写真)。例えば、顧客に対して、預金や投資信託の内容、マーケット情報、公的年金のシミュレーション結果を説明するために活用する。外貨預金の購入や住所変更といった手続きをタブレット上で完結することも可能だ。

 三井住友銀はOSに「Windows 8.1」を搭載したパナソニックの4Kタブレットを採用した。指静脈認証装置は日立オムロンターミナルソリューションズ製で、システム構築のとりまとめはNECが担当した。