PR

 米Appleが現地時間2014年10月16日に開催する特別イベントの招待状を発送したと、複数の米メディアが報じた。タブレット端末「iPad」や一体型パソコン「iMac」の新モデルなどが披露され、次期パソコンOS「OS X Yosemite」が正式発表されると見られている。

 Appleの次回イベントが10月16日になるとの見通しは、IT系メディアサイト「Re/code」などが先週報じていた(関連記事:Appleの新iPad発表イベント、開催は10月16日の見込み)。イベントでは、9.7インチiPadの第6世代モデルと7.9インチ「iPad mini」の第3世代モデルの登場が期待されている。

 今回メディアに送られた招待状は、Appleのロゴマークの一部を拡大したデザインに、「It’s been way too long.」の文字が記載されている。前回iPadを発表してから1年が過ぎているため「あまりにも長くお待たせしました」という意味か、あるいは1カ月前に特別イベントを開催したばかりであることを皮肉った「たいへんおひさしぶりです」という意味にもとれると、Wall Street Journalは指摘している。

 イベントの開催場所はApple本社内の「Town Hall Auditorium」で、昨年「iPhone 5s」および「iPhone 5c」を発表したホールだ。The Vergeによれば、9月のイベント会場よりこじんまりした空間で、より控えめな雰囲気になることが予想される。

 これまでの噂をまとめると、新iPadは指紋認証機能「Touch ID」を搭載し、カラー展開にゴールドが加えられる見込み。「A8」プロセッサを採用し、カメラやストレージが強化される。iMacは「Retina」ディスプレイを搭載し、5K解像度の27インチとの情報もある。OS X Yosemiteはイベント後すぐに公開される可能性が高い。そのほか、Retinaを搭載した「MacBook Air」も話題に出ているが、2015年に先送りとも報じられている(AppleInsiderForbesの報道)。

 全体的にタブレット端末市場が減速する中、iPadの販売も2013年のホリデーシーズンを含む四半期をピークに減少している(Bloombergの報道)。2014会計年度第1四半期(2013年10~12月)のiPad販売台数は前年同期比14%増の2604万台だったが、2014会計年度第3四半期(2014年4~6月)は同9%減の1328万台にとどまっている。